ヘッドフォンアンプでもっと高音質に!FOSTEX HP-A4 [ハイレゾ]

2019年1月9日

どうも、けいちです。

今回は、私が使っているヘッドフォンアンプの紹介です!「アンプって音量が上がるだけでしょ?」なんて思われていませんか?確かに信号を増幅するので間違ってはいません。だから、アンプはインピーダンスの高いヘッドフォン使っている人しか関係ない……なんて思わないでください。PCにヘッドフォン直挿しより、遥かに音質良いですから!

FOSTEX HP-A4

FOSTEX HP-A4画像1
Photo:Amazon

HP-A4を買った4つの理由

HP-A4は、FOSTEX社のヘッドフォンアンプです。ヘッドフォンアンプもピンキリでして、安いものもあれば高いものもあり、上を見たらきりがないです。まあそれがオーディオの世界なんですがw 私がこいつを購入した理由は、①USBバスパワー、②ハイレゾ対応、③大きさ、④そこそこの値段(これ重要)、です。

高音質にしたいけど、面倒なのは嫌……という私のわがままを実現するには、USBバスパワーは魅力的でした。いちいちあれこれ電源入れるのだるいじゃん?USBバスパワーなら、PCの電源入れたときに繋いでおけば勝手に電源オン!電源オフのときも楽です。

次のハイレゾ対応ですが、正直に言うとハイレゾ音源がないので使ってませんw でも、非対応より対応してるほうが良くないですか?使う使わないは別として、ステータス的な感じ?ハイレゾ対応……ってだけで他のハイレゾ非対応アンプより魅力的に感じませんか。一応、ハイレゾのサンプル音源で動作は確認済みです。ただ、ハイレゾ音源の違いがわかるかは我々の聴力しだいですけど。

そして、③の大きさですね。大きすぎず小さすぎずいい感じのボディです。寸法は15.5 x 3.4 x 11.3 cmですので、CDケースより一回り小さいです(‘ω’)PCデスク周りに置いても邪魔になりません。重さは500gですので意外にずっしりしてますよ。

最後の値段ですが、定価は5万円みたいです。しか~し、いまならお安く買えるみたいですよ!自分は3年くらい使っているのでほぼほぼ定価で買いましたが、今ならお手頃ですので選択肢の一つにどうですかーみなさん?(*´Д`)

 

 

使ってみた感想

HP-A4画像2

さて、使ってみた感想ですが……

 

いい……(´◉◞౪◟◉)  (いつもこれだな)

 

付属品はHP-A4本体、USBケーブル、底部に貼るゴム足(4つ)、取扱説明書です。

使い方は簡単。付属のケーブルをPCのUSBポートに挿してドライバーをインストールするだけ!ドライバーは公式サイトにありますよー。インストールが完了したら、オーディオデバイスをHP-A4に変更すれば使えるようになります。

まず感動したのは、「サー」っていうホワイトノイズがなくなったこと!ヘッドフォン直挿しでは、何も再生してないのにホワイトノイズが流れるので、良いヘッドフォンを使っていても宝の持ち腐れでしたが、HP-A4を使えば無問題です!DACのおかげなのかな(-_-)

あとは、GAINボタンで簡単にLO/HIを切り替えられるので、インピーダンスが高くて音量上げないと聞こえないヘッドフォンが余裕で駆動しますぜ(^-^) ボリュームもつまみで簡単に調整できるので、いちいちソフト側で音量を調節する必要がないです。

ひとつ注意してほしいのが、上の写真の通り3.5mmステレオミニプラグを6.3mmステレオ標準プラグに変換するプラグがないとステレオミニプラグの製品は使用できません。付属品にもついてこないので、ご自身で別途用意する必要があります。


FURUTECH ADL オーディオ用ヘッドホン変換プラグ 3.5mmステレオミニプラグ⇒6.3mm標準プラグ 変換部フラットタイプ ロジウムメッキ処理 1本 F63S-R

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?ヘッドフォンアンプをお探しの方に少しでも参考になれば幸いです。音質は、劇的に変わる訳ではありませんが、PC直挿しより遥かにいいです!これからオーディオ沼にハマるきっかけにもいいですよ。なくても困らないけど、一度使うと手放せない……そんな商品です(*^^*)


FOSTEX ヘッドホンアンプ D/A変換器内蔵 ハイレゾ対応 HP-A4